FC2ブログ

海外馬主への道

日高では牧場さんとクラブのオペレーションの話ばかりでしたが。

1歳馬でドゥラメンテとロージズインメイの牡馬を追加することにしました。

これで1歳世代は5頭となりました。

オペレーションのがしっかりできる牧場、クラブを選んだつもりです。

今年は10月末にもう一度日高へ行こうと考えています。



海外馬主への道

金曜日から日高に来ています。

昨日の展示会の前、ある牧場さんとクラブのオペレーションについてお話。

今回は、この話を毎日しているような(笑)

その間もオーストラリアのトレーナーから馴致の報告が写真付きできます。

とても丁寧に応対していただき、驚いています。

物理的な距離は遠いですが、親近感はクラブとは比べものにならないほどいいですね。




海外馬主への道

クラブへの愚痴はこのあたりで。

オーストラリアでの共有馬はとりあえず1世代1頭を目安に考えています。

将来的には繁殖も共有したいと思っていますが、しばらくは勉強です。

国内クラブはオペレーションができるクラブもしくは牧場の馬となります。

1世代4~5頭ぐらいを目安にします。

まあ、我が家は嫁さんもクラブに入っているので、もう少し増えますが。

これでいままでの半分くらいにはなるかと思います。



海外馬主への道

会報を出したり、会費を集金したり、賞金を分配するだけのクラブ事務局。

オペレーション意識がないのに、募集頭数だけはやたらと多い。

これではどんなに馬が良くても勝ち上がるには無理があります。

相手は完璧にオペレーションして、使い分けてくるのですから。

取り次ぎ店化しているクラブ、もうどこかわかるのではないでしょうか。

このような経緯があり、海外競馬を見てみたいと思うに至りました。



海外馬主への道

出資馬が二桁着順。鞍上と調教師への批判が起こります。

クラブへ鞍上交代のメールを出すなどと掲示板に書き込みも。

せっかくの競馬がストレスになっているように感じます。

オペレーションの出来ていないクラブならなおさらです。

社台系のクラブでなければ、大なり小なり似たものでしょう。

こんな悪循環を断ち切るには、ガラガラポンが必要ですね。



プロフィール

ぶーすか

Author:ぶーすか

出資馬(中央)
リンク
最近の記事